<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

はにちかさん、ふしょう&だんなちゃん44

f0157193_5181851.jpg

ハニチカさんが、昨日負傷いたしました〜。
同じ建物に住んでいる、イートゥカ&カレルのお宅にお茶に呼ばれていたのであります。
ハニチカさんはカレルとかくれんぼをしていたはず、が、、、涙をぐっとこらえた「まみ〜、手を切っちゃった。。。」と。
見たら、押さえている部分から血がポトポト、、、
「お〜、切っちゃったね〜、大丈夫だよ〜」と大人達は冷静を装いながら、「ど、どこで?なんで?」と心の中でアタフタ。
で、
どうしてそうなっちゃったかと言いますと、、、
私たちの住んでいる建物、リビングと寝室の窓が風が吹く方向に向かい合ってしまっているため、風が吹き抜けてしまうのです。
そしてそんな日は、一方の窓を開けると、もう一方の窓が自然に閉まってしまうのです。かなりの勢いで、、、
そうやってしまってしまった扉に、指を挟んでしまったらしい。。。

心の中で「ひょえ〜〜〜、骨は大丈夫?」とアタフタしながらも、顔では冷静を装い「ママにみせてごらん〜、だいじょ〜ぶ、ママはすっごい絆創膏持ってるからね〜〜〜」とか言っちゃたりしながら、負傷部分の確認。
ちょっと深く切れていたので、やや動揺いたしましたが、深呼吸、深呼吸。
いやぁ、切れてるだけで良かった。。。

切り傷なら慣れているので(2年に1回ぐらい、切るんですよ、ガラスでスッパリ、、、)、いつものように(?)応急処置。
切り傷は、傷口の汚れ具合を確認して水で洗った後、傷口をピッタリ合わせてガーゼ素材のテープでテーピングするのが、治りが一番早いように思われマス。(お医者さんもそう言ってまシタ。)
すぐテーピングすると切れた面がくっついてくれるので、5日もすれば完治してくれます。
これを、消毒し過ぎたりクリーム塗ったり、ふんわりカーゼをのせて傷口を乾燥させると、内側から盛り上がって来るのを待たなくてはならないので、ものすごーく時間が掛かります。。。
もちろん、テープじゃ無理そうだなーと思ったら、お医者さんで縫ってもらいますが、
お医者さん行っても、ヨードチンキみたいなのをジャーっとかけられて、縫った後は翌日傷の確認した後は抜糸まで放置ですからね、、、だいたいテーピングで処理しちゃいマス。

ハニチカさん、翌日になっても指も腫れていないし血も止まっているので、大丈夫そう。ヨカッタ。

キズのことはともかく、、、一つ大問題が。
ハニチカさんが「泣かなすぎる」のです。
ぎゃ〜とかび〜とか言う事無く、ぐっとこらえて痛さに耐えちゃうのはスッゴクかっこ良いのですが、私達の目の届かないところで何かあった場合、駆けつけることが出来ないのです。
なので、「泣かないのはすっごく偉いし大事なことなんだけど、怪我したり何か問題が起こったら、大きな声で大人を呼ぶんだよ。」と、日本語とチェコ語で言い聞かせた次第であります。。。



f0157193_14371383.jpg

さて、19日はダンナちゃんの誕生日だったのでありますが、単身赴任中なのでお祝いは昨日いたしました。
ハニチカさん、「ハナちゃんもマーマとケーキ作る〜〜〜!」と言うので、手袋をして手伝っていただきました。
ダンナちゃんの大好物、バナナケーキ。


f0157193_14385332.jpg

プレゼントはワイン。
私は夕飯の支度でバタバタしていたので、ラッピングはハニチカさん担当。
紙とリボンとテープを渡して、「お願いね〜〜〜」と放置しておりましたら、、、



f0157193_1440298.jpg

す、すばらしい。。。
完全に一人で作っちゃった。
幼稚園で、色々習ってるんですネ。



f0157193_1443447.jpg

ダンナちゃんも、嬉しそう♪


f0157193_14443881.jpg

ちゅー。



f0157193_14441583.jpg

ケーキも美味しく食べてくれました♪
[PR]
by okano0726 | 2014-06-21 14:44 | 徒然 | Comments(0)

みんなにも

f0157193_0252960.jpg

ダンナちゃんが会社でお世話になっている方から、ハナへお菓子の詰め合わせボックスを頂きました!
お心遣い、本当にありがとうございました!

アポロチョコやハイレモンなど、明治のお菓子がい〜っぱい♪
ハナは大喜び♪
小袋を箱から出しては詰め直して、楽しんでおりました〜。
そうしましたら、「幼稚園に持って行ってみんなにもあげる〜。みんな日本のお菓子知らないから〜」と、、、
え、偉いぞ、ハニチカさん!
小さい頃の私だったら、一人で楽しんじゃってたと思います。。。
この気持ちを、大きくなっても忘れないで下さいネ。



f0157193_035421.jpg

そんなハニチカさんのリクエストにお応えして、昨日は春巻き。
でも、ライスペーパーが無い、、、近所にも売ってない、、、
ので、以前失敗した春巻きの皮に再挑戦!
しましたら、、、昨日はあっさり成功しちゃいました♪
粉モノ、だいぶ制覇したな。。。


f0157193_0391636.jpg

この皮、モッチリしてて美味しいデス。
焼き春巻きにしましたが、具も皮も火が通っておりますので巻くだけでも良いかと思われマス。
鶏の照り焼きとか肉味噌とか巻いたら、美味しいだろうと思われマス。


f0157193_0415716.jpg

この2本、Kauflandで100Kc以下なんですが、ダンナちゃんとともに「おおおっ!」と驚くぐらいナカナカでした。
おススメです♪
[PR]
by okano0726 | 2014-06-19 00:45 | 徒然 | Comments(0)

ただいま、こんなかんじ

えーっと、我が家、こんな状態です。

f0157193_3294193.jpg

ハニチカさんが幼稚園に行っている間、も、もちろん制作しているのですが、ハニチカさんが帰宅後も制作しちゃっておりマス。
アトリエは作品のガラスの部分で一杯で、とてもハニチカさんを連れて行ける状態ではないので、リビングで作品の裏の木の部分を工作中〜。
その間、ハニチカさんも工作〜。

ハニチカさん、母は「ティンカーベルみたい」なのでは無く、正しくは「ガテン系」と言うのデス。


f0157193_332348.jpg

ハニチカさんには釘を沢山打っていただいて、、、
(もう私が着いていなくても、勝手にトントン打っていますー)


f0157193_3325463.jpg

クルクルヒモを巻いて遊んでもらってマス。


f0157193_3353417.jpg

「次は下の木の部分を前もって白く塗装しておいて、出来上がったら壁に掛けられるようにしようか〜」と言いましたら、「それいいね〜。」とハニチカさんにも同意していただきました。
正方形で準備したら、ナカナカ良い壁飾りになると思うんだよな〜。


f0157193_3412185.jpg

ただいま使用しているノコギリ、ドイツ製なのですが、「Ryoba両刃」と書かれているように、日本式の引き刃のノコギリなんです!
これ、すご〜く良いです。
刃の厚みも固さも大きさも非常に良くバランスが取れていて、使いやすいです。


f0157193_3462828.jpg

この厚みの合板も、このようにキレイに切れちゃいます。
ピーセックに引っ越すと、今みたいに頻繁にドイツに買い物に行けなくなっちゃうから、もう一本買っとこうカナ。。。


f0157193_3531983.jpg

全然↑とは関係ありませんが、先日、「ハイジの白パン」の制作に成功〜♪
これは我ながら上手くいきましたであります。
ダンナちゃんとハニチカさんが、たっくさん食べてくれました〜。
これを作る時は、健康とか栄養とか考えず、真っ白い小麦粉で作るのが良いようデス。
[PR]
by okano0726 | 2014-06-18 03:49 | 徒然 | Comments(0)

なつふぇす

f0157193_13154144.jpg

もう一週間経っちゃいましたが、、、
先週末はわが町の夏フェスでした。
去年もこの時期に会った、友達のイートゥカのドイツ人のお友達夫婦が遊びに来てました〜。
去年お腹の中にいた赤ちゃんも、もう6ヶ月に♪


f0157193_13194383.jpg

名前忘れちゃったけど、このバンド結構良かったデス。
大音響の演奏の中、↑の赤ちゃんはスヤスヤ眠っておりました〜。
ベビーカーが嫌いなので、いつも抱っこなんですって!ハニチカさんみたい。。。お疲れさまデス。


f0157193_13214392.jpg

イートゥカのお腹の中にも二人目の赤ちゃんが!
ハニチカの隣が、お姉ちゃんになるアデルカ。


f0157193_13234597.jpg

左がイートゥカのダンナさんのカレル。
彼のお仕事はとっても素敵で、、、
残念ながら、この国では「ジプシー」と差別されてしまう人たちがいます。
まぁ、本人達も問題になるようなことをしているのも確かなのですが、教育を受けていなかったり差別されているため、職に就けなかったり様々な問題を抱えています。

職に就け無い、もしくは職に就かないので税金を納めていないのに、どんどん子供を作って育児支援金を政府からもらう、だから税金を納めているチェコ人に嫌われる、、、という悪循環。
そんな人たちに、教育を受ける指導をしたり、職業を見つけるお手伝いをするのがカレルのお仕事。
(ミュージシャンでもありマス。)
お互いが文句を言っているだけでは無く、こうやってお互いを繋げて活動が、この国にはもっと必要なのだと思います。

そのカレルが「あっちのレストランでこれからヒップホップのライブがあるよ〜」と言ったかと思うと、ズンドコズンドコ音が響いてきまして、、、
いつもだったら参加する私だったのですが、この日はちょっと疲れ気味でズンドコズンドコ出来無い感じだったので「外で聞いてるよ〜」と言いましたら、ハニチカさんは「ハナちゃんは中に行きたーい!」と、、、
優しいカレルは、ハニチカさんを肩車してズンドコズンドコの中に入って行ってくれたんです。
「どーせ『うるさい〜」とか言って、すぐ出てくるよね〜」と話していたのですが、出て来ない。
ズンドコズンドコ、ヘイ〜ホ〜、ヒュ〜、なんて盛り上がって来ても出てこない。
結局、終わりまでヘイ〜ホ〜、ヒュ〜してきたハニチカさん。
「面白かった〜〜〜♪」と。
しばらくしてカレルが「バンドの関係者が、ハニチカが踊りだすまでみんなノリがが悪かったのに、彼女がノリ出してから盛り上がって来たから、彼女の写真をネットなどで使っていいかどうか聞いてるょ。」と。
あはは〜、そんなにノリノリだったんですね。良いじゃな〜い♪
グラストンベリーに一緒に行ける日も近いんじゃな〜い?♪?♪
そのうち、イタリアの従姉妹達もさそって、みんなでフェスに行こ〜!むふふ。
[PR]
by okano0726 | 2014-06-13 15:00 | 徒然 | Comments(0)

かえってきた

ハニチカさんが合宿から帰ってきました〜♪

f0157193_13473718.jpg

翌日の朝ご飯のリクエストは「おもち」。

いやあ、迎えに行った時の「ま〜み〜♪」の声を聞くのは、なんと素晴らしいこと。

「ま〜み〜」も素晴らしいですが、ハニチカさんは普段から私を喜ばせることをちょこちょこ言ってくれます。
「マミはハナちゃんのビタミン♪一緒に居ると元気になるの〜。」
とか、
「マミのお仕事はティンカーベルみたいね!なんでも作れるのね!」
とか、
(ティンカーベルが聞いたら、こんなオバちゃんと同じにされてさぞ怒ることでしょう。)
「お腹から出ても、ハナちゃんとマミはまだ繋がってるよ。」
とか、
忘れないように、書き記しておかなきゃ。

そんなことはさて置き、「楽しかった〜?」とか、「ちゃんと寝んね出来た〜?」とか、「何して遊んだの〜?」とういう流れで「何食べた〜?お野菜出た〜?」と聞きましたら、
「お野菜はオクルキ(キュウリのピクルス)だけだった。」と。
6歳児の言う事ですから信憑性は低いのですが、チェコだと有り得なくは無い。
そのかわり、チョコレートのお菓子とかは結構出たみたいデス。
さすが、チェコだわ。。。
[PR]
by okano0726 | 2014-06-09 05:01 | 徒然 | Comments(0)

こんなふうに

ハニチカさんが合宿に行くくらい大きくなったと言うことは、私もそれだけ歳を取ったと言うこと。
私はこの方達のように歳を取りたいな〜。

f0157193_443863.jpg

篠田桃光さん。水墨抽象画の大御所。
御歳100歳、現役で制作されています。
とても美しい日本語の、素晴らしい文章も書かれる方です。
あこがれます。


f0157193_4113364.jpg

carmen dell'orefice。82歳の現役スーパーモデル。
死ぬまでランウェイを歩き続けるそうです。
かっこよすぎる。
こういう、白髪もシワもかっこいいと思える歳の取り方って良いな。。。素が違い過ぎるか。。。


f0157193_4182634.jpg

Ernestine Shepherd。76歳のボディービルダー。
トレーナーもやられています。
60代の生徒さんが「この先あとは老いて行くだけと考えてしまっていたけれど、輝いている彼女に会って、60代の私はまだまだ若いんだ、色々出来るんだと気持ちが救われた。」と涙ながらに語っているビデオが印象的でした。
歳を取ると言うのは、年下の人に夢を与えることでもあるですね。すばらしい。

ちなみに、彼女が筋トレを始めたのは56歳。私は42歳。
別にボディービルダーになる気はさらっさらありませんが、私も彼女のようにいくつになってもトレーニングを続けていきたいと思いマス。
[PR]
by okano0726 | 2014-06-06 04:41 | 徒然 | Comments(2)

がっしゅく

f0157193_4263746.jpg

今朝のハニチカさん。
なんと今日から5日間、幼稚園と学校共同でお泊まり旅行、つまり合宿に行っています〜。

我が家は田舎なので、車で30分ほど行くと森の中なのですが、、、そんなところにある、小さなホテルでの合宿。

6歳でお泊まり、しかも親戚の家などでは無く合宿なんてすごいな〜。
先生方も、大変でしょうに、、、でも、チェコではこれが当たり前なので、先生方にとっても普通のことなのかもしれませんね。

「超」意気地無しだった私など、小学校2年生で始めて親戚の家に一人で泊まりに行くことになり、行ったは良いのですが何故かスグに具合が悪くなり、翌日母親に迎えに来てもらった記憶があります。家に帰る道中で調子が良くなってしまったと言う事は、おそらく精神的に「超」意気地無しだったのでしょう。

ハニチカさんは、バビチカの家にもお友達の家にもちょくちょく一人でお泊まりに行っていたから、きっと大丈夫なんだろうな〜。ちゃんと寝れたかな〜?
「一人でも大丈夫」というのは、ちょっと勉強出来ることなんかよりとても大事。だと、自分の経験上思うので、ハニチカさんにはぜひそうなって欲しいものです。

沢山遊んで、楽しんでくるんだょ〜。
という思いとともに送って行ったのですが、着いたとたん「うぁ〜〜〜♪」とお友達と手を取り合ってどっかに行ってしまい、別れを惜しむヒマもありませんでした(笑)。


f0157193_4461364.jpg

昨日は荷造り。
荷造りなんてものは自分でやらないと何がどこに入ってるんだか分らなくなっちゃうものなだと思ったので、自分でやって頂きました。自分なりに、色々考えて詰めていたようです〜。

ハニチカさんが合宿に行っている今週、私はせっせとお仕事して個展前に慌てないようにしたいと思いマス〜。
[PR]
by okano0726 | 2014-06-03 04:57 | 旅行 | Comments(5)