<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いってらっしゃ〜い、と、であい

f0157193_219758.jpg

週末は久しぶりにブルノへ行ってきまシタ。
お友達のなっちゃん一家がLAへ移住するので、「いってらっしゃ〜い!」を伝えるためと、お友達のまゆ子ちゃんが先月ご出産だったので「おめでとうっ」!!!を伝えるためと、下記に書きます新しいお友達に会うためと、、、盛り沢山でありました。

チェコに来るきっかけの展覧会をブルノでした時からお世話になっている二人。左がなっちゃん、右がまゆ子ちゃん♪

ハナが産まれたとき、赤ん坊のことなどなーんにもわからない私にとって、なっちゃんは心強い先輩でありまシタ。
のんびりしているようで芯の強いなっちゃんに、いつも励まされていたのに、、、LAに行っちゃう。。。
とほほ、、、と、悲しみにくれてしまいそうなので、LAに押し掛けるための貯金計画でも始めマス。

感情的になると泣きそうだったので、意識的にあっさり「いってらっしゃ〜い!」しましたが、この場を借りて、、、
ほんとうにいつもありがとう!LAに行っても、忘れないでね〜〜〜!!!(涙)


f0157193_233332.jpg

そして、まゆ子ちゃんの息子ちゃん、陸くん〜♪
この陸くん、、、


f0157193_2363625.jpg

まだ産まれて一ヶ月なのに、ご覧下さい、すでに超二枚目!!!
こんなおばちゃんに楽しみにされても迷惑千万でしょうけれど、将来がとーっても楽しみ♪


f0157193_2414472.jpg

そして、ブログにコメントを頂いた依子さんご家族とお目に掛かることも出来ました!
笑顔の絶えない、素敵なご家族でした〜♪ハナがお姉ちゃん達になついてしまい、沢山遊んでいただきましたっ。

写真を見て皆さんお気づきだと思いますが、とても美しい依子さん。
チェコで3人のお子さんの子育て、、、大尊敬です。
少し離れたところに住んでいますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

日本の家族のため、そして将来ハナが読んでもくれるカモと始めたこのブログ。
そのブログを通して色々な方と方と出会っていけるのは、とても幸せなことだと感じていマス。


f0157193_343058.jpg

話しは変わりまして、最近「美味しかったカモ?」と思えたモノ、、、
こちらは「かぶら蒸し&うどん」。
かぶら蒸しをメインにして、ご飯ものをどうするか考えるのが面倒だったので、うどんを一緒に盛ってしまいまシタ。
手間がかからず、体が暖まりお腹も舌もそこそこ満足出来きた、、かな?
今回は蕪が売っていなかったのでkedlubna(コールラビ)を使いました。
蕪を使うとあっさり、kedlubnaを使うと風味と甘味が強くなります♪



f0157193_385762.jpg

普通の花巻を作って、何だか物足りなかったので、、、


f0157193_395866.jpg

生地にキヌアを入れちゃいました。見た目は美しく無いですが。。。
風味と食感が増し、美味しかったです♪


f0157193_3105274.jpg

キヌア入り花巻は、なんちゃってサムゲタンと共に頂きました♪
[PR]
by okano0726 | 2015-02-25 03:13 | 徒然 | Comments(4)

つくりにつくったいっしゅうかん

先週のハナさんが休暇中だったことですが。。。

f0157193_20163122.jpg

ハニチカさんは休暇中でも、私は日本からご注文を頂いていたため手を休めるわけにはいかず、、、
どうやったらお仕事しながらハニチカさんのお相手が出来るか、模索した一週間でありました〜。

私が左部分で彩色している間、ハニチカさんにも絵を描いていてもらったり、、、


f0157193_20214674.jpg

この冬、伸ばし伸ばしにしていたお味噌の仕込みを手伝ってもらいつつ、そのスキに私は木工作業をしたり、、、


f0157193_2023039.jpg

そんなバタバタしている母を見て、ハニチカさんは梱包用の段ボールを勝手にデコレーションし、「私のお部屋」と言ってその中で本を眺めていてくれたりしました。
何とか母のじゃまをしないようにと工夫してくれている姿に心がとても痛んだので、、、



f0157193_20254636.jpg

「発送期限まで時間無いぞ〜、私、だいじょうぶか〜???」と自分に問いかけながらも、もう少し大きめの「私のお部屋」の建設に着手しちゃったのであります。


f0157193_20274650.jpg

時間短縮のため接着は両面テープを使い、、、わりと短時間で完成。


f0157193_2028523.jpg

旧「私のお部屋」のデコレーションは、切り取って再利用〜。さっそくゲンちゃんを連れ込んでおりまシタ。そうしてくれている間に、制作を進め、私の作品も完成〜。


f0157193_20322985.jpg

お味噌もハニチカさんのご協力のおかげで仕込み終わり、作品も予定通り送り出すことが出来、「私のお部屋」も完成し、ちょっと大変だったけど、何だか達成感のある一週間でございました♪と表現すると素敵ですが、、、学校のお休みとご注文が重なると、大変だ〜。
[PR]
by okano0726 | 2015-02-14 20:40 | 徒然 | Comments(4)

WINE AND DINEと、こころおどるしゅうまつ

f0157193_19565029.png

今日はまず、お友達のフランク&ヴェロニカ夫妻が運営するWine&DineSUPPER CULBをご紹介します〜♪



f0157193_1984791.jpg

フランクは食とワインをこよなく愛するドイツ人。奥さんのヴェロニカは英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語が堪能なチェコ人。プラハにお住まいです。

今まで食とワインを愛する方達とは沢山お目に掛かりましたが、フランクの愛し方はヘビー級。
そもそも超大手企業のマーケティングに関わっていたフランクですが、あまりに食とワインを愛しちゃったので、それに関するビジネスも始めちゃったのであります。それがWine&DineSUPPER CLUB

Wine&Dineは、フランク&ヴェロニカ夫妻が自分達でイタリア・スペインなどを巡り見つけ出したワインやヴェジタブル・ペースト、ジャムなどを販売するオンラインショップです。

http://www.wineanddine.cz/en

彼らが販売するのは、自分達で製造者達に会い、ブドウ畑や製造環境などもその目で確かめたものばかり。
フランク&ヴェロニカ夫妻は一般に良く見かけ多くのワインが、産地名や中間業者の多いせいで高額に取引されていることにも疑問を抱いており、小規模で生産しているワイナリーの美味しいワインを適正価格で販売し、沢山の人に楽しんでもらいたいと考えています。
ヴェジタブル・ペースト、ジャムなども、少量を丁寧に作られているモノばかり。
友人が運営しているからと言う身びいきでは無く、この二人が選ぶものは本当に美味しい。。。

f0157193_2028536.jpg

ほんの一例をご紹介します〜。
こちら、スペインのかなり重厚な赤。クリスマスプレゼントにダンナちゃんから頂いたのですが、すっごく美味しかった。。。ラベルもユニーク、価格も289kcとお手頃です。


f0157193_20311728.jpg

こちらは、これまた重厚なイタリアの赤。(何せ私が重い赤が好きでして。。。)
これまた美味しかった、、、(スミマセン、私には美味しいとしか表現出来なくて、、、)
こちらは499kc。
200kc代から1800kc代まで、幅広い品揃えで、各クラスそれぞれの美味しさが楽しめます♪

f0157193_20371783.jpg

こちらは、イチジクとブドウの果汁だけで作られたジャム。砂糖は一切入っていません。
こちらにハチミツなど加えても良し、そのままチーズと合わせて楽しむも良し、色々な使い方が楽しめるジャムです♪価格は120kc。

チェコの一般の店頭では手に入らないものばかりなので、ご自宅用にはもちろん、プレゼントにもとても喜んで頂けると思います。

お好みのものを探したい、でも英語で問い合わせるのは面倒、、、と思われる方は、このブログにご一報いただければ、私から直接フランクに問い合わせます。お気軽にご連絡下さい♪


f0157193_19284415.jpg

SUPPER CLUBは、ワインと料理のコンビネーションを少人数でゆっくり楽しみながら、ワインや食について語り合う、月に一度ほどプラハで開かれる夕食会です。

http://www.whatwelike.cz/new-page-1-1/

ワインとのコンビネーションの考えられた創作料理が準備され、その料理とワインとの相性についてや、ワインの生産者についてなど話してくれます。
場所は毎回違い、直前までシークレット。ボートハウスだったり、古い倉庫を改築した建物だったりと、ゲストに驚きと楽しみを感じてもらえる空間をフランクが選んでいます。

ワインが好きなお友達同士で少し特別な夜が過ごしたい、ワインについてもっと知りたいという方は、ぜひお試し下さい。お友達、ご家族へのプレゼント、会社のご接待にも素敵だと思います。
価格は、コース料理とそれそれの料理に合わせたワインでお一人1,500Kc~。

こちらも、日本語でのお問い合わせ、お申し込みは、こちらのブログにご一報下さい♪


f0157193_17542077.jpg

そして週末は、↑のフランク&ヴェロニカ夫妻のお宅に遊びに行きました♪

以前から「旨味」や「出汁」に興味があると聞いていたので、遊びに行く前に「何か具体的に作り方を見てみたい料理はある???」と聞いてみましたら、冗談混じりに「寿司以外なら何でも見てみたい!」と。
チェコに来て以来、うんざりするほどお寿司を作ってきたので、私はこの返信を読んで大笑い。
さすが食通フランク。日本食のメインは寿司ではないことに、とっくに気付いているのね〜。

先日購入した鰹節と削り器、昆布等々を持参して、一緒にクッキング〜。
話しが盛り上がり過ぎて、↑のように手が止まっちゃってなかなか進まない。。。


f0157193_18485811.jpg

フランクが販売しているスパークリングワインを頂きながらお料理。シアワセ。


f0157193_18142469.jpg

以前「味噌を美味しいと感じられたことが無いからザンネンだ。」と言っていたので、胡桃味噌を作って持って行きました。
普通の胡桃味噌だとフランクには簡単な味すぎると思ったので、4日掛けて卵黄を味噌漬けにして、それと胡桃を和えたオリジナル胡桃味噌にしまシタ。


f0157193_18165945.jpg

出汁を使う料理は「かぶら蒸し」。
「かぶら蒸し」を英語で「泡立てた卵白と蕪をすりおろした者を混ぜ、その中に鶏肉と海老を入れて蒸し、乾燥させた鰹と昆布で取ったスープと一緒に食べる。」と説明したら、どんなことになるのか想像がつかなくなったフランク。フランクが想像ついちゃう料理ではつまらないと思っていたので、つかみはオッケー。

「大変だけど、これを使うのが一番美味しい出汁が取れるから、頑張って削ってね♡」と言って、鰹節を削ってもらいました〜。

f0157193_18281054.jpg

「かぶら蒸し」と「ふろふき大根」を組み合わせるのはちょっと。。。と思ったのですが、フランクにとっては珍しいだろうと思い、「ふろふき大根」も作っちゃいまシタ。
胡桃味噌、気に入ってもらえました〜。
先週白みそを仕込んだので、次回はそれを持って行こう。。。


f0157193_18325682.jpg

塩昆布を試食するフランク。
昆布には旨味成分のグルタミン酸がたーっぷりなのを知っているので、興味津々。


f0157193_18391413.jpg

持参したのはこちらの、たまり醤油で仕上げられた、味も歯ごたえもかなりしっかりした塩昆布。
これとごま油でトマトを和えました。(写真が無い。。。)
フランクは塩昆布がとても気に入ったようで、「日本に行く時は必ず買ってきて!」とリクエストを受けました。


f0157193_18415496.jpg

塩昆布と共にフランクが「超」気に入ったのがこちらの七味唐辛子。
この唐辛子、決してお高い訳では無いのですが、海苔と山椒が多めのブレンド、そして石挽きなだけに風味がバツグン。とても爽やかな香です。
以前は京都の「七味屋」のものを愛用していましたが、こちらを知ってからはこれ一筋。これをかけると何でも美味しくなっちゃう!
これも、フランクから「買ってきてね♡」のリクエストが。



f0157193_18462935.jpg

か、かぶら蒸しも写真が無い、、、のですが、私の2品、などなどでみんなで夕食〜。
かぶら蒸しは写真が無くて良かった、、、美味しかったけど、かなり巨大なドテッとしたのになっちゃいまシタ。
あ、ヴェロニカが撮影してたから、Facebookには載っちゃうかも。。。
そうそう、このヴェロニカ、美しいと言うか可愛らしいと言うかセクシーと言うか、、、目と目が合うと、恥ずかしくなっちゃう私なのでありました。



f0157193_1854959.jpg

あと二つ気に入ってもらえたお土産、、、ニナちゃん用の「しつけ箸」と「サランラップ」。
日本のサランラップを使ってみて、「この切れ味と強度は理想的だ!」と。ドイツ人を感動させるんだから、やっぱり日本のラップって凄い。
「しつけ箸」は「僕にも必要だ。」と。大人用ってあるのかな、、、探してみよ〜。

f0157193_19463843.jpg

こちら、最近産まれた次女のリヴィアちゃん♪
彼女もグルメちゃんになるでしょうね〜。


f0157193_19503392.jpg

私達が料理のことばかり話していたら、、、ゲンちゃんも調理されておりまシタ。

久々に、心躍る週末でした☆
[PR]
by okano0726 | 2015-02-09 19:51 | 徒然 | Comments(0)

つうしんぼ

ハニチカさん、ただ今通学半年目の休暇中〜。

f0157193_4703.jpg

始めて通信簿をもらいました♪
シュタイナー校なので、5段階評価では無くお手紙のような通信簿をいただきマス。
これは表で、裏までびっしり〜。
先生の御苦労と愛情を感じマス。

修学内容ももちろんですが、「挨拶する時にきちんと相手の目を見れます」とか、「高学年の生徒達とも友達になれました」など、学校での様子が沢山書かれていました。「おお〜、なんかスゴク褒められちゃってるじゃん。」という内容でしたが、一つだけ、、、チェコ語の発音がまだ赤ちゃんぽいようデス。日本語でもまだ「お月さま」が「おちゅきさま」になっちゃってます。ま、ゆっくりやっていきましょう〜。

ご興味をお持ちの方もいらっしゃるようなので、チェコの、と言うよりハナの通うシュタイナー校の授業内容を少し書きマス。

チェコではシュタイナー校は「学習の進み具合がが遅い」「やり方が古くさい」と思われているようですね、一般的に。
ひいき目では無く、半年通わせてみた私の感想としては、そんなことは感じられませんでした。

たしかに、単語の綴りはまだ積極的に学習させていないようですが、その代わり詩や文章の暗唱を、身振り手振りを交えて沢山やっています。大人の私が驚くほど長い文章を暗唱出来ちゃったりしています。
アルファベットの学習は、書くだけでは無く蜜蝋粘土で形を作ってみたりしているそうです。

詩の暗唱なども含め一年生は耳からの学習を重視しているようで、一般項ではまだ始めない英語やドイツ語も入学当初から始めています。
ある日とつぜん「いっひ いっひ い〜っひ、どぅ どぅ どぅ〜」とドイツ語で歌いだした時には驚きました。(ハナは英語よりドイツ語の方が好きだそうデス。)

面白いのは算数。足し算・引き算を勉強してから掛け算・割り算を学習すると言う段階は踏まず、足し算・引き・算掛け算・割り算をいっぺんに始めます。
どういうことかと言うと、
例えば「4」について考える日というのがあって、4は2+2であり6−2であり2×2であり8÷2であると同時に考えさせるらしいのです。
ローマ数字を一年生で学習するのも、日本人の私にとっては興味深いものでした。

一般的に発育障害や発達障害と言われてしまう子達も一緒に学んでいて、チェコにおいてはこれがシュタイナー校に通わせたく無い一番大きな理由になっているそうです。
私は、小さい頃から身体的にも精神的にも違いのある者同士一緒に育って、そんな中で各自の役割を見いだして行くと良いなと思っていたので、本当に素敵な学校に出会えたと思っています。小さい頃は分け隔てて育てておいて、大きくなっていきなり「人類みな平等」って言っても、、、、本質的にそれがどういうことなのかは、小さい頃から一緒に育つのが一番なんじゃないかしら。。。
本心を言えば、もっと身体的に苦労の多い子達も一緒に居られたらなぁと思うのですが、設備などの問題で難しいのでしょうね。

と、半年通わせてみて、こんな感じデス。
教科書を使わないですし、一般校と進め方が違うのですが、「遅い」「古くさい」のとは違う気が、、、最近、脳科学者さん達は幼児期の暗記や暗唱は脳の発達に有効だとおっしゃっているそうなので、そんな意味ではシュタイナー校は「進んでいる」くらいかも?しれませんょ。なんて。
[PR]
by okano0726 | 2015-02-05 05:05 | 徒然 | Comments(8)